女性の心と体を虜にするには

包茎は嫌われる

2016/09/14

包茎は女性から嫌われるだけでなく男性同士でも劣等感を感じてしまいます。

もし貴方が包茎なら1日でも早く治療すべきでしょう。

せっかく女性と出会ったのにペニスが包茎のため嫌われてしまった、などという事がないよう、女性と出会う前に包茎を治しましょう。

包茎のデメリット

包茎の状態は皆さんが自覚している以上に様々なハンデや問題点があります。

20代~30代前半までは比較的に新陳代謝が良く免疫力や抵抗力も強いため、これと言った重大な症状になることが少ないのです。

しかし、30代後半から40代、50代へと中年から高齢になるに従い、皮膚疾患などの様々な障害に陥ることが多いようです。

「ペニスが子供のように小さい」 「包茎だから人に見られたくない」 「包茎が気になって、いざという時に積極的になれない」と、悩んでいる男性は多いでしょう。

包茎の一番のデメリットは精神的なコンプレックスと言えます。

しかも、包茎のデメリットはそれだけではありません。

特に気にしておきたいのが衛生面です。

包茎のペニスは恥垢がたまりやすく臭く匂いがちです。これは恥垢に細菌が繁殖することで起こります。

また、この雑菌によって包皮炎などの感染症を引き起こすこともあります。

感染症を起こしている場合は包茎治療をしないと、貴方だけでなく大切なパートナーにも感染する可能性があるのです。

【衛生面と性病】

  • 包皮の内側が湿っぽく雑菌が繁殖しやすい。
  • 包皮炎、亀頭炎、尿道炎になりやすい。
  • 亀頭粘膜が弱い為粘膜感染しやすく、性病にかかりやすい。
  • 不衛生な状態でセックスを行うと、女性が膣炎を引き起こしやすくなる。
  • 不潔になり易く臭いが生じる。

【包茎の外見上のハンデ】

  • 剥けているペニスと違って粗末に見え、自信が持てない。
  • 実際の大きさよりも小さく見えやすい。
  • ペニスの発育を阻害し、特に亀頭の発育を妨げているケースが多い。

【SEXに関するハンデ】

  • 亀頭が常に包皮で保護されているので、亀頭が刺激に弱く早漏になりやすい。
  • 包皮がダブつき、ペニス自身が女性器へ与える摩擦が少ないため、女性に満足感を与えられない。

感覚的問題として、陰毛が包皮にからまり、場合によっては痛みを伴うこともあります。

次に包茎の種類を説明するので、貴方がどのタイプか正しく認識しましょう。

仮性包茎

日本人に一番多いタイプが、この仮性包茎です。

通常は包皮が亀頭を覆っていますが、手で剥けば簡単に露出させることができます。

勃起時は亀頭が自然に露出するものから、勃起時でもほとんど皮が被った状態のものまで様々です。

正常に性行為は行えますが、普段露出していないので亀頭が刺激に弱く早漏になりがちです。

同時に亀頭粘膜も弱いため、剥けた状態の人に比べて性病に感染する確率が高くなるといわれています。

亀頭が皮に覆われていると大変不潔になりやすく、様々な病原菌を繁殖させる原因となり得ます。

包茎の状態の中でも、仮性包茎の人は正常なペニスになる可能性はあります。

包皮が亀頭を覆う広さが少しずつ減っていき、ペニスの亀頭が露出するようになってからしばらくは、ほとんどの場合仮性包茎として過ごします。

この仮性包茎の状態の長さは人それぞれですが、仮性包茎の期間が短い人は亀頭が露出した直後から、遅い人では数年してから常に露出している状態になります。

実際、仮性包茎は正常なペニスと考えてもよいので、その意味で言うと亀頭が露出するようになれば正常なペニスだと言えます。

そのため、急いで包茎の手術を受けなければならない状態ではありません。

真性包茎

ペニスが勃起した時も、していない時も全く皮をむく事ができない状態のことをいいます。

つまり皮の中に隠れている亀頭を見ることができません。

包皮口が異常に狭いか、もしくは亀頭と包皮がくっついてしまっている状態なのです。

放置しておくと亀頭炎や包皮炎などの炎症が継続的な症状として残ってしまう可能性もあります。

それだけでなく、亀頭と包皮の癒着が起こることもあります。

亀頭が常に包皮に覆われているため、亀頭の成長を妨げ、先細りのペニスになりがちです。

真性包茎になる原因として、遺伝や勃起力が強すぎるため皮が伸びきる、他に幼児期など皮の伸びやすい時期に勃起し過ぎたなどのことがある場合は、真性包茎になりやすいといえます。

治療法は手術しかないので早期の治療が必要といわれています。

カントン型包茎

無理をすれば皮をむくことができますが包皮口が狭く、亀頭の下を締めつけてしまう状態をいいます。

そのままにしておくと皮が戻らなくなり、水ぶくれのように腫れてしまうケースもあります。

勃起時に露出しようとすると痛みを伴ったり、亀頭が締め付けられるような違和感を感じたりします。

軽度の症状の場合これらの自覚がなく、微妙に狭い部分が亀頭のくびれに引っかかり亀頭が露出する場合があります。

この場合、常に亀頭が露出しているため包茎ではないと思い込んでいる人が多く見受けられます。

性行為時、皮膚が切れ易い方もその可能性があります。

更に、血がたまった状態になると、重大な事態になります。

手術などによる早期の対応が必要です。

包茎はペニスサイズをアップして治しましょう

現在、沢山の包茎矯正器具が販売されていますが、効果はありません。

考えてみてください。包茎とは、陰茎に対して包皮が余っているから包茎になるのです。

物理的に長い包皮を、器具で短く出来る訳がありません。

包茎を治すには、外科手術で包皮を切除する、もしくはサプリメントにより陰茎自体を大きくするしかないのです。

仮性包茎の方はサプリメントでペニスのサイズアップを行い、それでも包皮が余るようなら包茎手術をする事をおすすめします。

何故なら、包茎手術前にペニスのサイズアップをしておく事に損はないからです。

ペニス増大方法はこちらをご覧ください

真性包茎、カントン型包茎の場合、ペニスのサイズアップより、まず包茎手術をしましょう。

悩む事はありません。包茎という呪縛に捕らわれている限り、心の底で臆する貴方は、女性と出会うチャンスすら逃がしてしまっているのです。

それにこの状態の包茎はセックスどころか日常生活にも支障をきたし、放っておくと亀頭と包皮の間で細菌が増殖するのに適した環境になることがあるからです。

亀頭と包皮の被っている内側は粘膜性の皮膚になっていて、ウイルスが侵入しやすい構造になっています。

コンジロームやヘルペスがこの部分にできることもあり、普通の皮膚より弱い皮膚なので小さい傷もできやすく細菌による感染症も引き起こしやすくなります。

菌が繁殖すると分泌物が分解されて臭いを発したり刺激性の物質に変わるために痒くなったり、皮膚が荒れて赤くなったりします。

性病に限らず病気にならないためには予防が何よりも大切です。

NEW POST

Powered By 我RSS

-女性の心と体を虜にするには
-, ,