出会い系サイト基礎講座

出会い系サイトの年齢認証

2017/02/26

改正出会い系サイト規正法(「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律)が施行されたことにより、平成21年2月1日以降に出会い系サイトを利用の際は年齢認証の手続きが必要になりました。

出会い系サイト利用に年齢認証が必要な理由

出会い系サイトの年齢認証

年齢認証は「出会い系サイト規制法」によって全ての出会い系(インターネット異性紹介事業)に義務付けられており、その目的は児童(18歳未満の少年少女)の参加を防止するために法制化されました。

入会後や登録後に年齢認証がない出会い系サイトは法律に違反している出会い系や、異性との出会い活動が禁止されている「非出会い系」のどちらかなので、児童が普通に参加できてしまう悪質な出会い系サイトという事です。

実際に、非出会い系のLINEやSNSを舞台に児童買春やポルノ禁止法違反、青少年保護育成条例違反で検挙される事件や、児童買春をネタに脅されて金品を巻き上げられたりする、美人局被害のニュースも報じられてますよね。

法律を守らず運営されている出会い系サイトを利用すれば、貴方も事件に巻き込まれる危険性があるんです。

自分の身を守るためにも、法律を守って運営されている優良な出会い系サイトに登録するようにしましょう。

優良出会い系サイトでは年齢認証を済ませない限り、メールや掲示板投稿などの機能を利用するのに制限がかかり、まともに使えないようになっていますし、年齢認証を済ませるとサービスポイントが追加される出会い系サイトもあります。

年齢認証の方法

出会い系サイトの年齢認証

年齢認証にはいくつかの方法がありますが、クレジットカードをお持ちの方にはクレカ認証が最も早くて楽なのでおすすめです。

クレジットカード番号を入力するかクレカ払いでポイントを購入すると、機械処理によってわずか数秒で認証完了なので、すぐに登録した出会い系サイトを利用する事ができます。

しかし、クレジットカードをお持ちでない方やクレカ認証が嫌だという方には、スマホや携帯で運転免許証や健康保険証、パスポート等の身分証を撮影して送る方法もあり、有効な証明書は下記のような公的機関が発行する証明書です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 年金手帳
  • 共済組合会員証
  • 保険証券(証書)

クレカ認証以外で管理人が推奨する年齢認証方法は、運転免許証での年齢認証です。

顔写真や住所まで晒す事に抵抗がある人も多いと思いますが、年齢を確認する目的でのみ使用するため、赤枠で囲った生年月日(年齢)・発行元の名称・証明書の名称以外の個人情報は伏せる事ができるので、安心して年齢確認を行ってください。

年齢確認は18歳以上である事を証明すればよいため、必要な部分以外は紙で隠すか撮影した画像をペイントソフト等の画像編集ソフトで加工しましょう。

運転免許証
※悪用されないためにも不要な部分は必ず隠してください

証明書の送付は「メール」「FAX」「郵送」から選べ、写メで自分の身分証を送った場合、通常30分から1時間程度で認証できて利用制限が解除され、全ての機能が使えるようになります。

隠しても送るのにも抵抗がある方もいるかと思いますが、優良出会い系サイトを利用する際は必ず年齢認証が必要になります。

優良出会い系サイトは法律を守って運営されており、セキュリティーもしっかりしているため個人情報流出の危険も少なく、悪用される心配もありません。

年齢認証がない出会い系サイトは、登録すると個人情報が流出してしまう悪徳出会い系サイトと確定しています。

悪徳出会い系サイトで年齢認証を求められて個人情報を送ってしまうと、悪用される危険性があるので注意してください。

NEW POST

Powered By 我RSS

-出会い系サイト基礎講座
-,